還暦祝いに赤いちゃんちゃんこは必要?代わりもアリ?を検証

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこは喜ばれるでしょうか?
「赤いちゃんちゃんこは年齢を感じさせる」という理由で着たくないという人も多いです。
一方、ちゃんちゃんこを着てお祝いの雰囲気が盛り上がったという家庭も多いです。
還暦を迎える人に喜んでもらういうのが本来の趣旨。
ちゃんちゃんこで写真撮影したり、代わりの品を用意したりと、当人の意向を踏まえた対応をするのがいいでしょう。

■赤いちゃんちゃんこは必要?


還暦祝いを人生の節目のイベントとして、家族・親戚でお祝いする家庭が増えています。
このときに悩むのが、還暦祝いの風習である「赤いちゃんちゃんこ」を用意するべきかという問題。

現代の若い60才には、「赤いちゃんちゃんこ」って喜ばれるのでしょうか?

還暦に赤いちゃんちゃんこを着る理由

還暦を自宅で祝う

赤ちゃんの死亡率が高かった昔、魔除けの色とされる赤色の産着を着せて、無事に育つように祈願しました。

還暦は60年で干支が一回りし、生まれ年の干支に戻る節目のお祝い。
「赤ちゃんに戻る」ということから赤いちゃんちゃんこを贈る風習ができたとされます。

ちゃんちゃんこ購入者のレビュー

父の還暦祝いに贈りました。写真館で記念撮影もして父も大変喜んでくれました。


上司の還暦祝いで使いました。上司や周りも喜んで記念撮影してました。


還暦祝いでプレゼントしました。ノリノリで着用。良い集合写真が撮れたのでとても満足。

■楽天でも、アマゾンでも赤いちゃんちゃんこのレビューを見て下さい。
ちゃんちゃんこの品質などはさておき、肯定的なレビューが並びます。
「お祝いが盛り上がった」という人と、「良い記念写真が撮れた」という意見が多いです。

結論:購入した人・家族は赤いちゃんちゃんこに満足している

ちゃんちゃんこを着たい?

ちゃんちゃんこを着たいかアンケート

PGF生命が2017年に行った還暦祝いのアンケートを見ると、男女ともに8割の人が「赤いちゃんちゃんこを着るのは嫌」と回答。

だんらん日和が2019年に行った還暦祝いのアンケートを見ると、7割の50代女性が「赤いちゃんちゃんこ着たくない」と回答。

結論:イマドキの60才は、赤いちゃんちゃんこは着たくない

結局、ちゃんちゃんこは喜ばれるのか?

プレゼントのみを渡す

結局、還暦を迎える人の性格によって赤いちゃんちゃんこは喜ばれるか、嫌がられるかが決まるということでしょう。

■記念写真を撮る時だけでもちゃんちゃんこを着ると、映えるのは間違いありません。
節目のお祝いという特別感も出ます。
ノリのよい男性・女性は着てくれて、場も盛り上がるでしょう。


■ただ、本人が本当に嫌な場合、気まずい空気になってしまうかもしれません。
喜んでもらうはずの還暦祝いが嫌がらせになってしまっては、本末転倒。
よく、見極める必要があります。

 

ちゃんちゃんこの代わりはアリ?

ちゃんちゃんこの代わり

■お祝いは、本人が喜んでこそ意味のあるもの。
還暦は家族や友人、職場といった内輪でお祝いすることが多いので、嫌がるならば、赤いちゃんちゃんこにそこまでこだわる必要もありません。

ちゃんちゃんこの代わりもアリです。
赤いTシャツ、ストール、セーターなど、赤いモノを身につけてもらって記念写真を撮っても喜ばれるでしょう。
最近では、赤いちゃんちゃんこを着たテディベアも人気になっています。

まとめ

ちゃんちゃんこは必要かのまとめ

■還暦を迎える人の性格や意向をふまえて、「赤いちゃんんちゃんこ」を用意することが大切です。

■ 赤いTシャツ、ストール、赤いちゃんちゃんこを着たテディベアなど、ちゃんちゃんこの代わりもアリです。
ちゃんちゃんこに代わる赤いモノと一緒に記念写真を撮っても喜ばれるでしょう。

■赤いモノすら拒否する人には、贈る必要もありません。
「60才の誕生日」として少し豪華にしてお祝いをすれば喜んでもらえます。