還暦祝いのお礼の手紙の文例

■還暦祝いのお礼の手紙文例


還暦祝いのお礼状の文例

友人・知人・仕事関係の方々が、還暦祝いの贈り物をしてくれたり、お祝いの会を開いてくれたりすることがあります。
そういう場合には、お礼状を書いたり、お返しをする必要もでてくるでしょう。


還暦祝いのお礼状では、お祝いをいただいたこと、お祝いの会を開いてくれたことに感謝の気持ちを表し、近況報告などをします。
ここでは、お礼状の文例を記載します。参考にして下さい。




例1(仕事関係・目上の方など改まった間柄)

拝啓
爽秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたびは、私の還暦に際し、結構なお祝いの品を賜り心より御礼申し上げます。
私も無事に人生の節目のお祝いを迎えることができました。
これもひとえに皆様のご厚情のおかげと感謝の念に堪えません。
これからも地道に精進して参る所存でございます。
今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
敬具


例2(友人・知人)

拝啓
秋晴れの心地よい季節となりましたが、ご家族の皆様には、お変わりなくお過ごしのこと何よりと存じます。
このたびは、私の還暦に際し、過分なるお心遣いをの品を頂戴し、誠にありがとうございました。
還暦といっても、昨日までの自分と変わらぬ心持ちでいたのですが、 人生の節目を意識して何やら気持ちが引き締まる思いもしております。
今後とも変わらずお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。
略儀ながら書中にて御礼申し上げます。
敬具

例3(還暦パーティー参加のお礼)

拝啓
空が青く澄み渡りさわやかな季節となりました。ご家族の皆様、お健やかにお過ごしのことと存じます。
さて、先日は、ご多忙のところ、私の還暦パーティーにご出席下さり、誠にありがとうございました。
パーティーでは、温かいお言葉やお祝いのお花まで頂戴し、ご芳情に厚く御礼申し上げます。
今後は第二の人生に向けて邁進する所存でおります。
変わらぬご支援とお付き合いをお願い申し上げます。
皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。
敬具